• お問い合わせ042-521-3333
  • アクセス「西立川駅」南口徒歩3分
ネット予約

漢方内科

漢方内科について

漢方治療について

漢方のイメージ写真

ご希望の患者様には、漢方内科において、漢方薬を使った治療を行っております。
当クリニックで健康保険適用の漢方薬を処方いたします。

漢方処方の仕方

誰もがもともと兼ね備えている、「自然治癒力」を高め、体の状態を整える効果を期待する処方が基本です。
一人一人の自然治癒力を高めるため、病名で診断するだけでなく、体質(証)や病気の状態によって最適な薬を選び、使い分けることが必要となります。
ですから、同じ症状だからと言って同じ漢方薬を使用しても、人によって効いたり効かなかったりします。
その人に合った漢方薬を、その人に合った飲み方で使う必要があるのです。
漢方薬だけを数種類組み合わせる方法、西洋医学の治療薬と併用する方法等、一つの症状でも、患者様お一人お一人、それぞれに異なってきますし、同じ患者様でも体調の変化により処方は変わってきます。
漢方では、体質と病態の双方を考慮に入れながら、そのときどきの処方をするのです。

漢方は不調対策も得意

また、人の体は健康と病気の二つの状態にはっきりと分かれるのではなく、体調がすっきりしないのに医療機関で検査しても「異常無し」と言われるような、白でも黒でもない灰色の状態があります。
これを東洋医学では「未病」と呼び、はっきりした病気ではないのですが、病気が本格化し、症状が顕在化する前の状態と考え、放置すれば病気になる可能性があると考えます。

体質を改善したり、体の治癒力を高めたりして病気が悪くなる前に治していくのが、漢方の基本的な考え方です。
西洋医学では病気と見なされないような不調対策も、漢方は得意とするところなのです。

女性と漢方治療

女性ホルモンの変化は、女性特有の病態に特に大きな影響を与えています。
閉経時に起こる更年期障害などは、その代表例です。
更年期障害のほか、初経時、妊娠・分娩時、毎月の月経などの女性ホルモンの変化によって起こる症状として、冷え、肩こり、イライラ感、不眠などがあり、どこが悪いとはっきり定義できないこのような病態は、西洋医学では「不定愁訴」「自律神経失調症」などと言われ、あまり積極的な治療はなされてきませんでした。

これに対し漢方は、体全体のバランスを整えるように作用するため、女性ホルモンの変化によって生じる様々な症状や、どこが悪いとはっきり特定できないような病態を改善するのに効果を発揮します。

日本人女性の平均寿命が87歳近くにもなり、閉経後30年以上を生きる女性にとって、この長い年月をいかに過ごすかは重要なテーマです。
そのいう意味においても、女性にとって、漢方治療は今後もますます無くてはならない医療手段になっていくと思われます。

こんな方に漢方はお勧めです

  • 自覚症状はあるものの、検査をしても異常が見つからない方
  • 西洋医学的な治療を受けても十分な効果が得られない方
  • 西洋薬による副作用に悩んでいる方
  • 西洋薬を長期にわたり用いることが気になる方
  • 夏バテ、体がだるいなどの症状があり、西洋薬には治療薬がみあたらない方
  • 冷えやのぼせ、肩こり、便秘、下痢などのちょっとした不調に悩んでいる方
  • ストレスを溜め込みやすく、不安、イライラ、不眠などの症状に悩んでいる方
  • 朝が弱い、立ちくらみ、めまいなど、低血圧による症状に悩んでいる方
  • 虚弱体質で疲れやすく、風邪をひきやすい方
  • 漢方独自の診断法に基づく治療を受けてみたい方
  • 漢方にとても興味があり、ぜひ試してみたい方 など
Page Top