• お問い合わせ042-521-3333
  • アクセス「西立川駅」南口徒歩3分
ネット予約

小児科

小児科について

地域のお子さまの「かかりつけ医」です

小児科のイメージ写真

子どもは、季節の変わり目や気温の変化などのちょっとしたことで、すぐに体調を崩しがちです。
今まで何でもなかったのに、突然様子が変わり、慌ててしまうこともあるでしょう。

しかも、赤ちゃんや幼児は、病気の症状をうまく言葉にして周囲の大人に伝えることができません。
そんな心配な時は、当院にお気軽にご相談ください。
地域のお子さまの「かかりつけ医」として、やさしく丁寧な初期診療をいたします。

また、病気だけでなく、健康上の不安、予防接種、育児などについても遠慮無く、ご相談ください。子育てをトータルな視点で、ご支援いたします。

※初診の際は、健康保険証や母子健康手帳をご持参ください。現在服用中の薬がある場合は、それもお知らせください。

子どもによく見られる症状

下記のようなお子さまの体調不良や病気、様子の違和感について幅広く診療いたします。

  • 発熱
  • せき、鼻水、鼻づまり
  • ぜーぜーする
  • のどの痛み
  • 耳の痛み
  • ひきつけ
  • 腹痛、おう吐、下痢
  • 便秘
  • ブツブツが出た
  • いぼができた
  • 肌がカサカサしている
  • 泣き方がいつもと違う
  • なんとなく元気が無い
  • 顔色が悪い
  • 食欲が無い
  • 機嫌が悪い
  • おねしょ・夜尿症 など
夜尿症の相談シートはこちら

お子様の皮膚の病気について

水いぼ

水いぼとは、正式には伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)と呼ばれ、ウイルスの一種が皮膚に感染することで、いぼができる病気です。
子どもに生じることが多く、プールなどで接触することにより感染します。
いぼは自然に消えることもありますが、通常は専用のピンセットでつまみとって取り除きます。

症状
肌色からやや白色調で、大きさが2mm~10mm程度のドーム状の小結節が、体のさまざまな部位に生じます。
いぼの表面は光沢があり、中央に凹みがみえることもあり、軽いかゆみを感じることもあります。
いぼができる部位
子どもの場合は体、腕、脚によく生じます。
成人で性行為により感染するケースでは外陰部や下腹部、大腿にもみられます。
内容物が他の部分に付着すると感染が広がり、広い範囲に多発することがあります。
診断
多くの場合、検査の必要はなく、経験のある小児科の医師や皮膚科の医師の診察で診断されます。
搔き出すことにより、二次的に細菌感染を引き起こし難治化することがあります。
光沢苔癬(こうたくたいせん)などの小さないぼができる他の皮膚疾患と区別することが必要なときは、いぼをつまんで白色のやわらかい内容物を確認します。
組織を顕微鏡で確認する病理組織検査を行うと、信頼性の高い診断が可能です。
成人でいぼが多発するケースでは、免疫機能の低下が原因となっている可能性があります。
必要に応じてHIV感染症など他の病気についても検査を行います。
治療
自然に治癒することも多いですが、治癒までにかかる期間は半年から数年程度といわれています。
そのため、他の子どもへの感染の可能性などを考慮すると、治療を受けることが推奨されます。
当クリニックの治療法として、局所麻酔薬のテープを事前に貼っておくと、摘除する時に痛みがかなり軽減します。
摘除をご希望でない方には漢方薬による治療も行っておりますので、ご相談ください。

いぼ

尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)は、皮膚にヒトパピローマウイルスが感染して生じる「いぼ」のことを指します。
皮膚から盛り上がったゴツゴツとした病変であり、子どもの手の指や手のひら、膝の裏に生じることが多くみられます。
自然治癒には数か月から年単位の時間を要することがあります。
また、皮膚症状が拡散して難治化することもあるため、他人に感染を広げるリスクを避けるためにも、早期に治療したほうがよい病気です。

原因
尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)は、ヒトパピローマウイルスが皮膚に感染することで発症します。
ウイルスのタイプによって、症状を引き起こしやすい部位は異なり、手に起こすタイプや足に起こすタイプなどさまざまです。
ヒトパピローマウイルスは、尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)を有する人と接触することで感染が拡大します。
そのため、プールや公衆浴場の足場などを介して感染することがあります。
家族内では、タオルを共有することなどから感染する可能性があります。
また、体の一カ所に症状があると、体の別の部位にもウイルスが広がり、発症するリスクとなります。
ヒトパピローマウイルスに感染すれば必ずしも病気を発症するというわけではありません。ただし、HIV感染者や免疫抑制剤使用中は、病気を発症するリスクが高まります。
症状
尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)を発症すると、皮膚に盛り上がりがみられるようになります。
皮膚局面はやや硬くごつごつしており、一般的には「いぼ」として認識されます。
色は、白やピンク、灰色がかかった感じなどさまざまです。
点状の小さい血管がいぼのなかにみられることもあります。
また、尋常性疣贅は、指先、手のひら、膝の裏、足の裏などに多くみられますが、体中どこでも生じる可能性があります。
検査・診断
尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)は、ウイルス感染によって引き起こされる病気です。
より確実に診断するために、病変部位を切除してウイルス由来の抗原やDNAなどの検出が行われることがあります。
また、皮膚の病変部位を詳細に観察することで診断がつけられます。
皮膚に存在する小さい血管がイボの内部で混在するため、メスなどで削り取ると点状の出血をすることがあります。
この変化は、同じくイボとして認識されやすい魚の目などとの鑑別に利用されることがあります。
治療
当クリニックでは液体窒素を用いて治療をいたします。
痛みを感じないように患者さんの反応を見ながら丁寧に処置をいたします。
液体窒素の効果が出やすいように、肥厚した角質を除去する必要があれば併せて行います
一回の処置を時間をかけて行うことで、治癒までの通院回数を減らすことが可能です。
また漢方薬を使用、あるいは併用した治療も行っております。
お子さまだけでなく、おとなの方の治療も行っております。

アレルギーについて

アレルギーとは、外部から体内に異物が入ってきた際にみられる免疫反応です。
人体には元々、ウイルスや細菌などの異物が体内に入ってきた時に、これらを攻撃する免疫機能が備わっています。
ただ、この機能は害を与えないもの(花粉や食物など)にまで過剰に反応し、鼻水やくしゃみ、目の痒みなど様々な症状を引き起こすことがあります。
これがアレルギーなのです。
つまり、本来なら体を守ってくれるはずの免疫反応が、自分自身を傷つけてしまうアレルギー反応に変わってしまうのです。

気になるアレルギー性の症状、またはアレルギー性の可能性がありそうな症状がみられたら、アレルギー科へご相談ください。
また、成人だけでなく、小児のアレルギー疾患についても診療いたします。目、鼻、気管支などに症状が現れている方は一度ご受診ください。

アレルギー科でよく見られる代表的な疾患

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎のイメージ写真

アレルゲンを吸入することで、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの症状を引き起こします。
風邪と異なる点は、のどの痛みや発熱などがみられないことです。
最近では発症の低年齢化が進み、子どものアレルギー性鼻炎も少なからずみられます。

花粉症もアレルギー性鼻炎の一種ですが、それとは異なり、一年中発症するおそれのある場合もあり、通年性アレルギー性鼻炎とも呼ばれます。
主な原因は、家の埃やダニの糞・死骸などで、ペットのフケやカビが原因な場合もあります。

症状
主に鼻と目に症状が現れます。とくに、くしゃみ・鼻水・鼻づまりは、アレルギー性鼻炎の3大症状です。
なお、子どものアレルギー性鼻炎は、成人に比べると鼻づまりが多く、くしゃみが少ない傾向があります。
また、目の痒みや充血などの症状が、成人に比べて強く現れがちです。
さらに小児では、気管支喘息やアトピー性皮膚炎、副鼻腔炎、扁桃肥大などの合併症がよくみられるのも特徴的です。
診断
検査をする前に発症時期や症状の程度、家族のアレルギー既往歴などについて確認します。
その後鼻鏡検査で鼻粘膜の状態を確認、さらに鼻汁中好酸球検査などを行うなどして、風邪と見分けをつけます。
アレルギー性鼻炎と診断された場合、原因とされる抗原を特定するべく血液検査(RAST、View39など)などを行います。
治療
治療をするにあたり、まずアレルギーの元(家の埃、ダニの糞・死骸、ペットのフケやカビなど)にできるだけさらされないように環境を整備することが大切です。
具体的には、こまめに部屋を掃除するなどです。
その上で、抗アレルギー薬の飲み薬、点鼻薬で症状を抑えていくようにします。

花粉症

花粉症のイメージ写真

アレルギー性鼻炎の一種で、主に植物の花粉が原因となって、目の痒みやくしゃみ、鼻水、鼻づまりなどの症状が起きるようになります。
なお、花粉はハウスダストなどが原因の通年性アレルギー性鼻炎とは違い、花粉が飛散する時期のみに起きることから季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれます。

症状
アレルギー性鼻炎と同様に鼻と目に症状がよく見られます。
目では、痒み、異物感、充血、涙目がみられ、鼻の症状としては、立て続けのくしゃみ、鼻水、鼻づまりがよく現れます。
症状がひどいと、せき、喉や皮膚の痒み、頭痛、倦怠感、微熱、不眠、下痢、体や顔のほてり、イライラ感などもみられるようになります。
診断
問診や視診のほか、鼻粘膜の状態を確認する鼻鏡検査、アレルギー性なのかどうかの鼻汁中好酸球検査を行います。
花粉によるアレルギーと判断した場合、原因とされる抗原(花粉)を特定する必要があることから血液検査(RAST、View39など)などを行います。
治療
抗原を回避(アレルゲンに近づかない)する環境を整備します。
また、花粉症の治療については症状が起きる前、いわゆる花粉の飛散が始まる2週間前から薬(抗ヒスタミン薬など)を飲み始めることができます。
これを行うことで鼻みずやくしゃみといった症状が軽減しやすくなるというデータもあります。
内服薬のみでは効果が薄い場合は、点鼻薬も併せて使用します。
そのほか手術療法として、腫れた鼻粘膜を収縮させるレーザー療法、さらに舌下に抗原エキスを含ませて、徐々に慣らしていき、アレルギー反応を起こさないように仕向けて行く減感作療法などもあります。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎のイメージ写真

痒みのある湿疹(体や両手、両足)が左右対称に広がり、良くなったり悪くなったりを繰り返す慢性的な皮膚疾患です。

小児によく起きる皮膚疾患と言われてきましたが、最近は成人を迎えても治まる気配がなく、逆に悪化させたり、慢性化する患者様も多く見受けられます。
ただ成人で発症している患者様の場合は、長期間の湿疹がこじれてしまった、あるいはステロイドの塗り薬の不十分な使用などが重なって起こると考えられています。

症状
初期症状としては、粉を吹いたようなかさついた状態が見られ、首や関節の周囲、耳たぶなど比較的皮膚の柔らかい部分に現れます。
なお炎症の程度は人によりそれぞれ異なり、皮膚が乾燥しやすい素因(ドライスキン)とアトピー素因(アレルギーを起こしやすい体質)を併せもっている方が発症しやすいと言われています。
診断
採血によって、アトピーの原因を探る血液検査(好酸球・IgE・TARCなど)やアレルゲンの検査を行うことなどで診断をつけます。
治療
ステロイド外用薬や軟膏などを用いる薬物療法になります。
それに加え、適切なスキンケアを徹底することで、治癒したものと変わらない状態を目指していきます。
このほか補助的に抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬などの内服薬を使用することもあります。

小児アトピー性皮膚炎

小児アトピー性皮膚炎のイメージ写真

早ければ生後2ヵ月頃から発症し、乳・幼児期と学童期に多く見られる疾患です。
発症するとひどい痒みに襲われるほか、湿疹ができます。

症状
乳児期には、頭や顔などに、離乳期には特に口の周囲や頬に、赤くジクジクした湿疹がみられます。
幼児期・学童期では、全身にわたって様々な症状が現れるようになり、頸部や肘や膝の屈曲部などに湿疹、耳切れがみられるようになります。
これら湿疹は痒みが生じるため、掻き壊すと皮膚のバリア機能が低下していき、さらに痒みが増すという悪循環になっていきます。
診断
左右対称性の湿疹があるかどうか、または痒みがある。
そのほか、血液検査でのIgE値が高いかどうかなどから判断します。
治療
皮膚炎をステロイド外用薬によって鎮めます。
痒みは内服薬(抗ヒスタミン薬)で抑えます。
さらに保湿剤を用いて皮膚バリアを整えることも大切です。

食物アレルギー

食物アレルギーのイメージ写真

食物アレルギーは、アレルゲンである食品を摂取することで起きるアレルギー反応のことを言います。食物アレルゲンは、卵、牛乳、大豆、米、小麦粉、そばなど多数あります。また、今まで全く問題がなかった食品に対して、ある日突然、体が反応してしまうこともあります。小児に多く見られるアレルギーです。

症状
じんましんなどの皮膚症状をはじめ、喘鳴などの呼吸器症状、目や鼻、消化管などにおける症状も現れます。アレルギー体質の方では、アナフィラキシーショックを起こすこともあります。
診断
原因となる食物がわからない場合は、アレルギー検査で特定させるようにします。主に血液検査(血中抗原特異的IgE抗体検査)やブリックテスト(アレルゲンを塗布し、その反応をみる)などを行います。しかし小児の場合には、これらの検査結果だけで、正しい診断ができるとは限りません。
治療
すでに症状が出ている場合には、アレルゲンとなっている食品の摂取を直ちに止めます。
そして、じんましんなど皮膚の症状が出ている場合は塗り薬のステロイド、痒みがある場合は抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬を服用します。
検査では陽性であるが症状がごく軽度、あるいはほとんど無い場合には、加熱したり、少量の摂取にとどめたりすることで、必ずしも除去しなくても済む場合もあります。
アレルギーのある食べ物を除去する必要があるかどうかを、症状や生活環境、患者さん本人や保護者の方と相談しながら治療を進める必要があります。
また成長するにつれて摂取可能となる場合もあります。

喘息

喘息のイメージ写真

アレルギーなど様々な要因が引き金となって気道に炎症が起き、それによって気管支が狭くなり、肺への空気の吸入・呼出が困難になる疾患を喘息と言います。

喘息にはアレルギーが原因(ダニやハウスダスト、カビといったものがアレルゲン)で発症するタイプ(アトピー型)と風邪やインフルエンザなどによる気道感染ウイルス、タバコの煙、薬、ストレスといったアレルギー以外の原因で起きる非アトピー性の喘息があります。なお、喘息には気管支喘息、咳喘息などがありますが、単に喘息という場合は、気管支喘息を指す場合が多いです。

症状
「ゼーゼー」「ヒューヒュー」といった喘息発作が現れます。気道が過敏になるので、アレルゲンやウイルス、タバコや冷気などによる刺激が加わると、気道が狭くなります。すると、咳が出たり、息苦しいといった症状が見られるようになります。
診断
喘息が疑われる場合は、他の呼吸器疾患や心疾患と区別するために、胸部レントゲン検査、心電図、スパイロメーターによる呼吸機能検査を行い、肺活量や%肺活量を測定し、診断をつけます。また、喘息の自己管理にピークフローの測定が役立ちます。
治療
アレルゲンなど原因となる物質を除く環境整備を行い、喘息治療薬を適切に用います。治療薬には、発作を予防するために定期的に使うコントローラー(吸入ステロイド薬、あるいは気管支拡張薬とステロイドを合わせた吸入薬)と、発作時に症状を鎮めるために頓服的に用いるリリーバー(気管支拡張薬の吸入や頓服処方)の2種類があります。最終的には、リリーバーを使わなくても済む状態を目指し、コントローラーを上手に使って治していきます。
Page Top