西立川おとなとこどもの
クリニックのブログ

開院一周年記念日に寄せて

昨年6月4日に開院いたしまして、お陰様で本日一周年を迎えました。

私達を温かく迎え入れて下さった地域の方々、患者様各位、医師会の先生方に厚く御礼申し上げます。

内科、小児科、外科、漢方内科でスタートした当院ですが、地域のご要望にお応えする形で、その後皮膚科、心療内科を加えて、現在の診療体制となりました。

現在、産まれたてのベビーから90歳のご高齢の方まで受診頂いており、まさに「おとなとこどものクリニック」となっています。

女医であることや子育て経験を活かし、母乳育児のアドバイスや乳腺炎のケア、ベビーのスキンケアから寝かしつけの方法など、教科書には書いていないような事をお伝えすることもしばしばです。

女性の方は、身体の部位によっては男性に見せたくないところもあり、皮膚科もそのような患者さんが多く受診していただいております。

昨年12月には認知症サポート医となり、地域の訪問看護ステーションなどとの連携を取り、高齢の方々の在宅支援なども行うようになりました。また地域の3つの保育園の園医になりました。

夜尿症や漢方外来も患者さんが大変多くいらっしゃっております。

生活習慣病の患者様も徐々に増えており、かかりつけ医として地域の皆様に認識されつつあります。

心療内科も幅広い年齢の男女ともに予想以上の方が受診され、ただお話を聞くことしかできないケースもありますが、それでも少しずつお元気になったり、笑顔を取り戻されていくお姿を拝見し、私も幸せな気持ちになります。一緒に泣き、一緒に喜び、一緒に励まし合う、共感し寄り添う、そんな診療スタイルで対応しております。

その他、予防接種、健診も、予約診療はもちろん、今から受けたいという急な要望にも、極力対応させていただいております。

子育て中のお母さん、子供達、中高生、青年期の若者達、成人の方々、ご高齢の方々、それぞれ立場や悩みは違いますが、皆さんひたむきに一生懸命頑張っていらっしゃって、その胸のうちを伺っては、自身も励まされる日々です。

「他者を幸せにすることでしか、自身が幸せになる方法は無い」

世の中に必要とされ、自身が少しでも役に立ち、誰かの幸せの為に力になれるうちは、医師という天職を全うしたい、と思っています。

最後に、私の小言も聞き流して、いつも広く優しい心で支えてくれるスタッフ達に心から感謝したいと思います。私達は常にチームで医療を行うスタイルで、皆で助け合いフォローし合いながら診療にあたります。このチームでなければここまでやってこれなかったと断言できるほど、優秀かつ人柄も申し分ないスタッフと自負しております。

これからも地域のニーズに応えていけるように、今までに無いような自分にしかできない医療を追求していきたいと考えております。

まだまだ、未熟者ではございますが、どうか今後とも末永くご指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。

令和元年 6月4日

西立川おとなとこどものクリニック

院長 髙橋 永子

追伸

前職場である、さいとうクリニックの院長斎藤直人先生からお花を頂きました。斎藤先生はまさにスーパードクターで、私が心から尊敬申し上げている先生です。総合診療クリニックのお手本とさせて頂いており、いつも温かく見守ってくださる素敵な先生です。

ビルオーナーでもある一階の薬局さんから頂きました。社長さんは同じ3人の子供の母であり、お互いに励まし合いながら頑張っています。私の良き理解者でいてくださる方です。

ご近所のプティパニエさんのケーキです。スタッフがサプライズで用意してくれていました。

プティパニエさん、定休日でしたのにワガママを聞いていただきありがとうございます。

私の大好きなチョコバナナ味のケーキで、チョコクリームが甘すぎず、とても美味しかったです❣️

スタッフのみんな、ありがとう

 

一番先頭のボックスフラワーの写真は、長女からのプレゼントです。今では私より背も態度も?大きく成長しました。クリニックのウサギファミリーのロゴマークは長女と次女の合作デザインです。

開院後は忙しく子供達にも迷惑をかけていますが、文句も言わずに、応援してくれています。いつもありがとう。

立川市休日診療当番でした

今日は午前9時から午後3時まで、健康会館で、休日診療の当番医の公務がありました。

医師会に入会してから3回目となります。

今日は前半お天気もよく、季節柄、患者さんは少なくゆったりとした診療となりました。

医師二人ペアで務めますが、だいたい大先輩の先生方とペアになるので、クリニックの運営について、色々と貴重なアドバイスを頂いて、大変勉強になります。

スタッフの皆さんもとても親切で優しく、病院でもないクリニックでもない、少し懐かしいような、昔ながらの診療という感じで、立川市以外の方も受診でき、夜9時まで診療していて、患者さんも助かっているのでは、と思います。

医師会に加入されている先生方で交代で務めますので、負担もありますが、私は自身のクリニックと違うところに勤務するのも、視点が変わるし情報交換もできるので、毎回充実しています。

まだご存知ない方は、高松町の健康会館日曜祝日の朝9時から午後9時まで診療していますので、お困りの際はご利用下さい。

心療内科外来

昨年11月より、当初は予定していなかった診療科を追加で届出して、心療内科外来を開始しました。理由は二つあります。

1つは、近隣の精神科クリニックや病院が初診予約が取れにくい状況があり、予約日まで1ヶ月以上体調不良のまま我慢している方が多くいらっしゃって、内科で構わないから診療をしてもらえないかというご要望が多かったこと。

2つ目は、心と身体は切り離せず、心の症状のように見えても、実は身体的な疾患が隠れている場合があり、それを見落とさないようにする必要があり、また身体的な疾患が原因で精神的な疾患に陥ることもあります。どんな症状も心と身体の両面から診察、治療する必要があり、それには総合診療が適していること。

11月診療開始以降、予想以上に大勢の患者さんが受診され、半数以上の方が快方に向かっていらっしゃいます。

予約が取れずに困っていた、他院に受診していたが、急に担当医が辞めたり、ご自身が引っ越しされたりして、次のかかりつけを探す間に薬が切れてしまった、などのご事情の方から、「助かりました」とお声かけ頂くこともしばしばです。

当院の診療方針として、あくまで総合診療の範囲内での精神科、心療内科の診療に限定することにしております。過去に精神科通院歴の無い初診の方を主に診療させて頂いております。

統合失調症やうつ病、てんかん、ADHDや自閉症などの発達障害、希死念慮や焦燥感の強い場合など入院治療が必要であったり、高度な専門治療が不可欠である疾患をお持ちの方、すでに他院で抗精神薬など依存性の強いお薬を処方されていらっしゃる方については、安全上お受けしないことにしております。

また当院で半年程度治療しても改善が見られない場合や悪化するような場合には、精神科専門医をご紹介させていただいております。

診療に関しては、提携医療機関の精神科と連携を行なっている他、日常的な診療のアドバイスを精神科専門医・指導医・精神保健指定医の先生方より頂きながら、ガイドラインを基本とし、スタンダードな治療を心がけております。

ただし、精神科専門クリニックのように予約のみではありませんし、内科小児科の患者様の診療と並行して診察いたしますので、十分なお時間が取れなかったり、長時間お待たせする場合もあります。お子様の患者さんも多く、待合室が騒がしいこともありますので、ご了承の上で受診をお願いします。

対象は全年齢ですが、主に中学生以上を対象としております。

受診される際には、当院の心療内科の特色をよくご理解された上で、お薬手帳を必ずお持ちになり受診をお願いします。

転居などのやむを得ない事情で、かかりつけ医の変更をご希望される方は必ず前のかかりつけ医の紹介状をお持ち下さい。

お薬手帳ないし紹介状をお持ちで無い方のお薬の継続処方はお受けしておりません。「薬が切れてしまって困る」「少しでよいので処方して欲しい」などのご希望には応じられませんので、ご注意下さい。

ホームページ内の心療内科のページもご一読頂き、ご不明点は診療時間内にお問い合わせ下さい。

円滑で安全な診療を行い、お悩みの方が少しでも回復されますよう、院長スタッフ一同心を込めて診療にあたりますので、皆さまのご協力をお願い申し上げます。

Page Top