西立川おとなとこどもの
クリニックのブログ 病気や健康に関するコラム

不眠症の講演会

昨日、立川市国立市昭島市医師会主催の合同の講演会に行ってきました。

テーマは「不眠症」です。本年4月から、依存性のある睡眠薬の一年以上の継続処方をした場合はペナルティが課されることになりました。

ベンゾジアゼピンという種類の抗不安薬や睡眠薬は、長期内服や大量内服で依存ができ、やめたくてもやめられない、やめると症状が悪化するなどの問題が起きてしまいます。

しかし、少量を短期間で使用する分には、治療効果は高い薬です。

不眠の患者さんが受診しても、安易にベンゾジアゼピン系の薬剤を処方せずに、まずはそれ以外の薬や生活習慣の改善をはかる、仮に処方しても多剤併用や長期処方を避けるなど、当たり前のことですが安全に患者さんの治療を行えるように配慮が必要であることを義務化した方針なのだと思います。

医師側の心構えだけでなく、患者さんのご理解ご協力も必要となりますので、医師の説明をよく聞いて頂いた上で、質の高い睡眠を取れるような治療ができればと思います。

つらい気持ちでいる方へ

あなたが今このホームページをどんな気持ちで見ていらっしゃるでしょうか?

もしかしたら、辛い苦しい気持ちを抱えていて、生きていく元気がなくなったり、何も考えられずに落ち込んでいらっしゃるでしょうか?

それでも何かのご縁があり、このブログを読んでくださっているのであれば、勇気を出してクリニックにいらっしゃいませんか?

私は精神科の専門医ではありませんが、それでも私に何かできることはあるはずです。

ここのクリニックは赤ちゃんからご高齢の方までいらっしゃるので少々賑やかですが、スタッフは皆心優しく、穏やかな時間が流れています。精神科専門クリニックとは全く違う雰囲気ですが、病院ぽくない、実家に帰ってきました、という雰囲気にして、みなさんをお迎えしたいなぁと思っています。

思いつめる前に、ちょっと立ち寄って、心の内をお話しされていきませんか?

お薬を使わなくてもそれだけでも楽になることもあるかもしれません。

もしもあなたが、もはや誰も自分を必要とせず、誰にも愛されていないと思っていたり、学校や仕事で1人ぼっちになり、友達なんかいないと思っているなら、私達があなたの幸せを願います。

誰もが生まれてきた意味があります。

それが何か今はわからなくても、いつかわかる時がくると思います。

もしそれがどうしても考えつかなければ、一緒に考えましょう。

最近、辛い気持ちを抱えて相談に来てくれる方が増えていて、沢山あるクリニックの中から私達のクリニックを選んで、わざわざ足を運んでくださっています。

私達が必要とされていることを思う時、私達はとても幸せな気持ちになります。

だから今このブログを読んでくださっているあなたは、気がつかずに大勢の人を幸せにしているかもしれなくて、それがあなたが生まれ生きている意味なのかもしれないのです。

今は風邪のシーズンで、混雑している日もありますが、お電話を頂けたら、比較的余裕がある曜日やお時間をご案内することも可能ですし、緊急の時は直接来て頂いても構いません。

専門医の治療が必要と判断しましたらご紹介もさせて頂きます。

どうかあなたに穏やかな日が訪れますように…

皮膚科勉強会

今晩、立川で多摩皮膚科フォーラムに参加してきました。

アトピー性皮膚炎と帯状疱疹についての専門家の先生の貴重なお話を伺うことができて大変有意義な会でした。

夏にも尋常性乾癬治療についての勉強会に参加しましたが、皮膚科の治療も日進月歩で、新しい患者さんにも負担が少なく効果が高い治療がどんどん出てきていますので、日々勉強が必要だと実感しています。

特に開院後は、水痘と帯状疱疹の患者さんが大勢受診されています。1歳前の赤ちゃんから、ご高齢の方までいらっしゃいましたが、幸い全例が治療または改善されています。

万が一重症化した場合には入院が必要になる場合もありますので、油断できない病気です。

帯状疱疹が治癒しても重症化した場合には痛みだけが残ってしまい、その治療の方が難航する場合もあります。

最近、帯状疱疹予防に水痘ワクチンが有効であるため、50歳以上の方に任意接種を推奨されるようになりました。

お子さんは定期接種となっていますが、おとなの方は過去に水痘にかかっていても、水痘患者さんとの接触がないと免疫力が低下して潜んでいる自身のウイルスが再び帯状疱疹となって発症することがあるため、是非ワクチン接種をお勧めいたします。

ご希望される方はご予約の上ご来院下さい。

接種費用についてはホームページをご覧下さい。

Page Top