西立川おとなとこどもの
クリニックのブログ 診療について

発熱症状で受診される患者様へ

現在、発熱された方は発熱外来にてお電話でご予約された方のみ診察させて頂いております。診察ご希望の方は必ず診療時間内にお電話でご予約をお取り下さい。

インターネットで予約を取ることはできません。また直接ご来院でご予約は承れません。

当院は発熱外来指定医療機関となっております。発熱外来が最初に設置された当初から一貫して発熱並びに新型コロナ感染の患者様の診療を行なっております。

新型コロナ感染症の疑いのある患者様は現在隔離室での診察が義務付けられておりますが、当院には隔離室が2部屋しかないため1日に診察可能な人数に限りがあり、医師1人で一般診療と並行して診療しておりますので、お待たせする場合がございますが、ご了承下さい。

当院の発熱外来では丁寧な診療を心がけており、お一人お一人お話しを伺い診察をしてから検査、結果をご説明してからお薬のご説明、発生届の聞き取りを行いますので、お一人の受付から診療終了まで大変お時間を要します。

できるだけ多くの方が受診できるよう、検査の結果が出るまで原則自宅かお車でお待ち頂くようにお願いしております。

なお隔離室に入室された方は院内のトイレやキッズコーナーは利用できませんのでご了承ください。

予約が取れない、お電話が繋がらない事で、心無い言葉をスタッフにかける方がいらっしゃいますが、連日の業務でスタッフも疲弊しておりますので、どうか穏やかな言葉かけをお願いいたします。

恫喝や暴言、執拗なクレーム、予約後の意図的な無断キャンセルなどをされる場合、医師応召義務の拒否可能要件にあたる、「医師と患者様の信頼関係が破綻していること」に当たると判断し、以降の診療をお断りさせて頂くことがございます。当院では診療上や予約時のトラブルに対して解決に際し代理人として顧問法律事務所が対応させて頂く場合がございます。

院長は認定産業医でもあり、産業医の立場からも、クリニックスタッフのメンタルヘルスを守る事は、労働環境を改善し、長く地域に貢献する安全な医療を持続可能とする為に重要な事であると考えております。

スタッフ達も自らコロナに感染し体調を崩しながらも復帰して、怯むことなく今日も診療に従事しており、日々感染のリスクに晒されながら、このクリニックに勤務してくれている事に感謝するとともに、申し訳無く思うことも多々あります。

毎朝、できる限り多くの発熱者を診察しようと準備と決意をして皆様をお迎えしております。

どうか私達の気持ちと決意をご理解頂き、ご協力を賜われますよう、よろしくお願い申し上げます。

本日より診療を再開いたしました

長らくご心配ご迷惑をおかけし申し訳ございませんでした。職員の体調が回復し、安全が確認できましたので、本日より通常診療を再開いたしました。

休診の間、ほとんどの方が予約の変更に快く応じて下さり、心より感謝申し上げます。

さらに、新型コロナを含む様々な感染症の流行に伴い、本日は院内が大変混み合いまして、ご迷惑をおかけいたしました。

しかしながら、今回、職員もこれまでの肉体的精神的な疲労が蓄積していたのを実感いたしました。

そもそも当クリニックは小規模なクリニックであり、これ程大勢の患者様を受け入れる体制がありません。随分以前から、インフルエンザが流行する時期などはキャパオーバーな状態でした。

新型コロナが流行し、発熱外来を開始し、近隣のクリニックが何箇所か閉院したり、他院からの転院の患者様も急激に増え、日々の対応に終われ、自身が目指す理想の医療から遠ざかっているように思えることも時折あるようになりました。

世界の平和が脅かされ、経済状況も悪くなり、日本の医療を取り巻く状況も徐々に悪化しているように思います。

果たして今後、自分の力でこの難局を乗り切っていけるのか、体力的にも精神的にも、自信が無くなってきてしまいました。

患者様の要求に十分に応えてられないこともあります。

例えば、現在、様々な医薬品が出荷調整という名の元に流通が止まってしまっています。

在庫が無くなり処方できない薬も多数あります。

また、新型コロナの検査キットもつい最近、出荷調整がかかり、必要な数の確保が今後困難になることが予想されます。

このような状況の中で、地域の皆様に果たし十分な医療を提供できるのかどうか、見通しが厳しく、悩んでおります。

定期的に受診されている患者様の中には、本日も温かい励ましの御言葉をかけていただき、差し入れを頂いたり、大してお役に立てていない私達を逆に支えて下さる方々が大勢いらっしゃいます。

しかし、なんとか期待に応えたいと思っても、時には心が折れそうになることもあります。

今後、世の中の状況が悪化していく中、私達ができる医療とは何なのか、ここで改めて考えてみる必要があるのではないかと感じております。

更年期症状でお悩みの方へ

報道等で、厚労省が40歳以降の更年期症状の実態調査に乗り出すとありましたので、当院での対応を記載しておこうと思います。

現在、特に宣伝はしていないのですが、院長が女医と言うこともあり、更年期症状やPMSでお悩みの方の受診は日頃から多く、漢方外来も行っている為、遠方からわざわざ訪ねて下さる方も多くいらっしゃいます。

更年期症状は、男性の先生には申し訳ないのですが、やはり経験した女性にしか、本当の辛さはわからないと思います。

院長はまさに更年期真っ最中💦

患者様の訴えは今まさに自身が苦しんでいる症状なので、他人事ではなく、何とか力になりたい、一緒に頑張りましょう!という気持ちで診察しています。

婦人科で行っているようなホルモン剤の投与はできませんが、漢方の知識を駆使して、安全でなるべく副作用の無い方法で、穏やかに苦痛を軽減する事を心がけております。

また更年期になると悪化する生活習慣病、高血圧や高コレステロール血症なども、男性と同じやり方で治療するとうまく行かない場合もあります。

また50歳前後は子育て、親の介護、仕事の重責などが重なってしまい、なかなか自分の時間を取れず、ストレスが溜まりやすくなる時期です。

日本はまだまだ女性の子育て家事負担が多く、その辛さは誰にもわかってもらえないと、諦めている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

漢方による穏やかな治療と、経験者同士で辛さを分かち合うことで、少しでもお辛い状態を癒せたらと思っております。

院内は安らぎをもたらすアロマオイルを炊いて、ダウンライトの照明でゆっくり落ちついた雰囲気です。

もし私共でお役に立てるようであれば、是非一度お越し下さい。

初診のご予約はお電話て承っておりますので、受付時間内にお電話下さい。

ブログを読んで、と一言おっしゃって頂くとスムーズにお受けできるかと思います。

Page Top