西立川おとなとこどもの
クリニックのブログ 日々の出来事

今年もお世話になりました

本年6月に開院し、あっという間に2018年大晦日になりました。

予想以上に大勢の患者さんにご来院頂き、自分自身で少々驚いております。

また地域の事業所などからもお声かけ頂き、健診や予防接種などのご依頼も頂きました。

新たに2箇所の保育園から園医のご依頼も頂き、僭越ながらもお引き受けすることになりました。

自分自身では、今までの経験を活かして、総合診療のクリニックを細々できたら、と考えていました。子育てや介護の経験を活かして、日常的な相談にのって、地域の方々の拠り所になれたらと。

しかし、予想以上に皆さまのご期待が大きく、しっかりと応えきれていない自分がいて、申し訳なく反省すると同時に、あらためて、もっと精進していかないとと、気を引き締めているところです。

年内は28日に診療を終え、30日に院内の大掃除をして、1年を締めくくりました。

来年は5日から診療開始となります。

来年も地域の皆様の健康をお守りし、幸せな時も、辛く苦しい時も、寄り添って共に歩む、心の拠り所になれるようなクリニックを目指して、院長スタッフ一同、努力していく所存でおりますので、どうかよろしくお願い申し上げます。

今年も大変お世話になりありがとうございました。

皆様にとって、2019年が良い年になりますように!

大掃除、娘が手伝ってくれました

サンタさん🎅

今日はクリスマス

診察に来たお子さん達から、サンタさんからもらったプレゼントのお話を沢山聞きました。

あるお子さんが、

「先生のところにはサンタさん来た?」

と聞いてきたので

「先生のとこには来なかった、いい子にしていなかったからかなぁ」

と答えて少し考えました。

もしかしたら自分の開いたクリニックに、こうして大勢の患者さんが来てくれることが、サンタさんからのプレゼントじゃないかなぁ、もしかして…

診察終了後、そんなことを思っていたら、ドドン!っと大きな音

スタッフと大急ぎで窓のロールスクリーンを開けると、サンタさんから花火のプレゼントでした😊

開院して半年が経ちました

今年6月4日に開院して、12月4日で半年になります。

開院後、予想以上に多くの方にご来院頂き、開院時に用意した診察券のカードがもうすぐ無くなることから、2千人くらいの患者様がクリニックを受診して下さったことになります。

数多くのクリニックの中から、当院を選んで下さって受診して下さったことを心より感謝申し上げます。

最初はお子様が多かったのですが、今は成人の方、ご高齢の方も徐々に増えてきて、まさに「おとなとこどもの」クリニックになってきました。

予想外だったのは小児と成人の狭間の年齢の方、15歳から20歳くらいの方の受診が多かった事です。小児科でもなく、内科でもない、微妙な年齢の方が安心して受診できるクリニックがなかったのかもしれません。

どんな年齢の方のどんな症状でも、できる限り対応することを当院のモットーとしております。

最近は混雑してご迷惑をおかけすることもありますが、できる限りスタッフ一同ご期待に添えるよう努力していきますので、ご理解ご協力をよろしくお願いいたします。

時々、「ここにクリニックができて良かった」「女の先生だから安心してなんでも相談できる」など、ありがたいお言葉を頂戴し、励みになっております。

まだまだ至らない点が多数ありますが、お気づきの点はご意見頂戴できれば幸いです。

最後に身内の事で恐縮ですが、開院してから今日まで、私を支えてくれたスタッフに心から感謝したいと思います。

早朝から夜遅くまでよく働き、私の小言も聞き流し、私が不安な時には温かい言葉で支えてくれました。

自分から仕事を探して進んでしてくれて、それぞれのスタッフが任された仕事を完璧に素早くこなしてくれています。

このメンバー、このチームでなければ、ここまでやってこれなかったと思います。

私にとっては大切な仲間、宝物です。

子供好きでお母さんの良き相談相手になり、地元に住み地域の事情に詳しく、テキパキ受付をこなす事務スタッフと、医療機器関係のエキスパート、かつ、朝早くから丁寧にお掃除やお洗濯をしてくれて、私や他のスタッフが心から頼りにしているお姉さん的存在のナースとともに、これからも皆様に愛されるクリニックを目標に頑張って行きます。

これからも、「西立川おとなとこどものクリニック」をよろしくお願いいたします!

Page Top