西立川おとなとこどもの
クリニックのブログ 日々の出来事

感謝の気持ち

今日は患者さんからフェイスシールドの差し入れを頂きました。さらに「アベノマスクも必要なら持ってきます」と温かいお声かけを頂きました。ありがとうございます!

開院してしばらくはどちらかというとお子さんの患者さんが多かった当院ですが、最近は大人の患者さんが多くなり、すっかり落ち着いた雰囲気になっています。

同世代の女性の患者さんも多く、同じ子を持つ母として、悩みを共感したり、お互いに頑張りましょうと励ましあったり。

正直、コロナの流行が始まってから、不安なことだらけでした。でも、家庭では子供達を守らなければならないし、クリニックではスタッフを守らなければならないし、地域医療も支えていかなければと、ずっと気持ちを張り詰めていたように思います。

そんな中、支えてくれたのは、自分が守ろうと気負っていた、患者さんであり、スタッフであり、子供達でした。

いつも温かい声かけをして、励ましてくれる患者さん達、のんびりおっとりで、私の愚痴や小言をスルーして明るい雰囲気を保ってくれたスタッフ、ずっと学校に行けず不安でいたにも関わらず、前向きにとらえ、きょうだいで仲良く助け合い、夕飯も作って待っていてくれた子供達、結局支えられていたのは自分の方でした。

独立してクリニックを開いてから、なかなか自信が持てなくて迷いもあり、開業したことを少し後悔することもありましたが、コロナで大変な今の方が、頑張ってやっていこうという気持ちが強くなって、肝が座ってきました。

またまだ困難は続きますが、でも独りじゃないと今は思えるのです。自分を支えてくれる大勢の人に感謝して、今自分の持っている力で微力ながらも社会に貢献したいと思っています。

コロナの影響で殺伐とした出来事も耳にしますが、困難な今だからこそ、思いやりや感謝の気持ちを持って過ごしていけたらと思います。

皆様いつもいつも、ありがとうございます!私も頑張ります!

清らかな心

今日、患者さんが診察の際に、ご自宅にお持ちだったN95マスクを差し入れて下さいました。日本中がマスクの争奪戦になっている時に、本当にそのお気持ちがありがたくて、感激してしまいました。ご自身で使用される選択肢もおありだったと思うのですが、わざわざ当院にお持ち頂いたお気持ちを思い、さらに励ましのお言葉も頂いて、そのお心の広さと温かさに感謝の気持ちでいっぱいになりました。

コロナのせいで心に余裕がなくなり、日本中がギスギスして、感染した人をたたいたり、コロナ対応をしている医療従事者の差別なども問題になっているご時世に、当院の患者さんは、皆さん受診して下さる時は穏やかにいつもと変わらず接して下さり、この地域で開業して本当に良かったと思います。

また別の患者さんも、普段と変わらない笑顔で励まして下さり、わざわざデザートの差し入れをしてくださいました。

緊急時にも自分以外の他者に思いをはせて、思いやれる心の広さを持つこと、これが、未知のウイルスとの闘いに打ち勝つ為に必要なことではないかと思うのです。

しかし、私自身も最近はコロナの影響にストレスを感じ心に余裕を持てなくなり、焦りや不安を感じたりしていました。

それでもクリニックで診療が始まると、患者さんの笑顔や、「頑張ってくださいね」のお言葉や、生まれたばかりの赤ちゃんの笑顔、お子さんの可愛らしいお喋りに癒されて、心を奮い立たせ、頑張ろう!と前を向けるのです。

私が患者さんを支えているよりずっと、患者さんの笑顔や言葉が私を支えてくれています。

皆さん、本当にありがとうございます。

明日からも頑張ります😊

昨年の夏に旅をした秋田で、お堀に咲いていた蓮の花です

蓮の花は泥水を吸い上げ美しい花を咲かせます。花言葉は「清らかな花」

人の醜さや世の中の汚れたものを浄化して美しさに変えてくれる、蓮の花のように清らかな心を持つ事ができますように…

海のように

コロナウイルス感染症流行の影響で、観光地やイベントの閉鎖や自粛が相次いでいます。ここのところ休みの日も家に籠る毎日でしたが、だんだん気も滅入ってくるので、ふと海を見たくなって、思いきって出かけてきました。

天気は良く風が少し強かったですが、久々の海を見ることができ、よい気分転換になりました。

昔学生の時、海の近くの大学に通っていたので、海は身近な存在でした。

辛い事があると、海の見える場所に行き、ぼーっと眺めていると心が落ち着きました。

嵐の時、海の表面は荒れて大波が暴れていても、深い海の奥底では何事も無く静かに魚が泳いでいるように、心のざわつく出来事があっても、前向きに笑顔でいたいと思います。

いつか穏やかな凪の時が来るまで、海のように大きな心と笑顔で、自分のできる役割を果たしていきたいと思います。

Page Top