西立川おとなとこどもの
クリニックのブログ 日々の出来事

高齢者のワクチン接種が始まります

今週11日火曜日から、65歳以上の方のコロナワクチン接種が始まります。

当院でも既に2週間分の予約は満席となっています。予約は市で一括して管理されているため、当院では予約については権限がありません。

また、院長、スタッフは全員1回目のワクチン接種は終えました。全員接種した腕の筋肉痛があっただけで1日で改善し、体調自体は良好でした。

しかしこれから予定している2回目接種後には、副反応が強く出る可能性があるとの情報があるため、大事を取って接種後は休診とさせて頂く予定です。ご迷惑をおかけし申し訳ありません。

感染者の増加に伴い、緊急事態宣言も延長され、長期に渡り制限のある非日常の生活を余儀なくされています。

私自身も、医療従事者として、子を持つ母として、思うところ、言いたい事は沢山あります。

しかし、何かを発言する時に、想像力を最大限働かせるべきであるという自論があります。

世の中には色々な立場の人がいて、様々な価値観を持ち仕事をして生活をしています。また、生きる目的や、達成しようとしている目標や生きがいも、人それぞれです。

不要不急という名の元に否定されてしまう分野にも、一生懸命生きている方々がいます。クリニックにも、そのような方々が心身の体調を崩して受診をされる方がいらっしゃいますが、お話を聞いて考えさせられるのです。

声をあげられなくて、じっと耐えている人の方がずっと多いのではないかと推測します。

だから私も世の中に言いたい事があったとしても、心の中に閉じ込めて、静かに悩み苦しむ方々に寄り添って行くことだけに専念しようと決めています。

医者はただ、目の前の患者さんの為にだけ、与えられた力を尽くすべきであると考えています。

正直今の状況はとても辛く、長くなればなるほど精神的に参ってしまいそうになります。でもクリニックに行くと、明るいスタッフ達と、優しい患者さん達と話をするうちに、不思議に元気が出てきます。

コロナが収束するのは随分先になるかもしれません。気が遠くなりそうな困難なこの道のりを、ただ毎日医療のこと、患者さんの事だけを考え、愚痴らず泣き言を言わず、大切な仲間と一緒に一歩一歩歩んで行こうと思います。

どうか皆様のご支援ご協力をお願い申し上げます。

あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願い申し上げます。

クリニックは本日5日から診療開始いたしました。

スタッフ全員揃って元気に朝礼からクリニックの1年がスタートしました。

仕事から離れていた年末年始は、家庭のことなどで忙しくはしていましたが、ストレスと疲労で正直元気はなかったのですが、クリニックで患者さんとお話ししているとだんだん元気が出てきました。医師の仕事を一生懸命している時の方が、あまり余計な事を考えなくて済むので、精神的には楽だったりします。特にうちのクリニックの患者さんは皆さん本当に温かい方々で、私の事を信頼して頼って下さる気持ちがありがたくて、落ち込んでいてもがんばらなきゃ!と奮い立たせて下さるのです。

コロナがまだまだ大変な日々が続きますが、患者の皆さんと一緒に乗り越えていきたいと思います。「コロナにかかってしまったらと不安です」とおっしゃる方も多いですが、私も不安なのは同じなので、その気持ちを診察室で吐き出すことで、悩みを共有して和らげていけたらと思います。

小さなクリニックで、できることには限界もありますが、大きな病院が医療崩壊をなるべく起こさないように、微力ながら頑張っていきたいです。大切なのはコロナの為に人々が責めあったりいがみあったりせず、皆で協力して収束に向け努力していくことで、医療従事者も患者さんと協力し、出来るだけ感染しないように、あるいは感染してしまっても重症化しないように、日頃から健康管理を徹底することが重要と考えます。

具体的には、血圧や血糖値など生活習慣病の管理、睡眠、食事、運動などの指導、ストレス回避の方法などのメンタルケア、漢方薬などを利用した予防医療などが挙げられます。

地域に根差したクリニックでも、コロナ感染症抑制の為にできることは沢山あると思うので、自分なりに考えながら、自分の患者さんを守っていきたいと改めて思います。

このブログも思った以上に多くの方が読んでくださっているようで、感想を頂戴することも度々あります。拙い文章で大変恐縮ですが、楽しみにして下さる方の為にも、今年はさらにブログも充実した内容にしていきたいと考えておりますので、引き続きお目通しの程よろしくお願い申し上げます。

どうか時々弱気になってしまう私に激励をお願いしたいと思います。

皆様の笑顔が私には1番の活力になります。

お身体の悩みや心の悩み、子育てや介護の悩みなど、普段以上に今は辛い事が多いと思いますが、私でお役に立てる事があれば、何でもご相談頂ければと思います。

生きるということ

世界はこの1年ですっかり変わってしまいました。

そしておそらく、コロナが収束したとしても、以前のような世の中には戻れないような感じがします。

感染症の脅威はコロナ以外にも予想されますし、今後も繰り返し同様の事が起きる可能性もあります。

日本国内で言えば、地震や台風など、昔には考えられないような規模で災害が発生しており、今後さらにそのリスクは大きくなることが予想されます。

少子高齢化が進み、年金は減らされ税金は上がり、終身雇用は無くなり、安定した生活を望むのが難しい時代となっています。

この先明るい材料が見つけられない今、私達は何を心の支えに生きていけばよいのでしょうか?

クリニックにも、辛い気持ちを抱えて相談される方が大勢いらっしゃいます。

時には深刻で、自らの命を断とうと考えた事を打ち明けられる方もいます。

診療中はお話しに耳を傾けて共感し、安全な薬を処方して、どうか来月も必ずお顔を見せてくれるようにお願いすることしかできず、自分の無力さに歯痒さを噛み締める日々です。

人はなぜ生きるのか?

多くの先人がその答えを模索し、言葉や芸術や宗教、哲学で表現してきました。

でも最近、自分自身で、なぜ?が見つけられないこともあるのでは?と考えるようになりました。

生きていくための生きがいとか、希望とか、守るべきものとか、他者に必要とされることとか、そういうものが全く無かったら、生きていく意味はないのだろうか?と。

ただ、淡々と意味も無く毎日生きていく人生でもいいのではないか

今日一日生きることだけ考え、明日から先のことはなるべく考えないようにし、とにかく今日一日生きて夜なんとかして眠って次の日の朝を迎えること、それを積み重ねていけばよいのではと思ったりします。

死んでしまいたいともし思っているなら、綺麗事は言えない、この先明るく楽しい未来なんて無いかもしれない、この先もずっと辛いことの方が多いかもしれない、それでもわがままかもしれないけど、やっぱり生きていて欲しい、生きていたら何か感じることのできる風景が広がっていると、根拠のない想像を押し付けてしまいたくなるのです。

ある精神科の先生がネットで、「手放せば幸せになれる」と書いていたけれど、それが出来ないから苦しむんだと思うのです。

でも手放せないまま、背負ったまま、死ぬのではなく生きていって欲しい。

ずるずる引きずって、傷だらけになっても、ずだボロになっても生きて行ったら、また明日の陽が昇り新しい景色が見えてくる、そして幸せそうに見える隣人も、案外色々なものを背負っていたりするかもしれないのです。

診療時間は限られており、心療内科としてお受けできる人数は限られており、自分自身の非力を実感する毎日です。

自分自身も悩み苦しんで今の日々を生きています。

どうかみなさんの心に安らぎの光が降り注ぎますように

今夜だけでも穏やかな気持ちで眠りにつけますように

そして明日も生きていけますように…

Page Top