西立川おとなとこどもの
クリニックのブログ 日々の出来事

今週の出来事

学校や保育園が始まったことや、天候不良の影響か、体調を崩される方が増えて、毎日緊張しながら診療をしています。

そんな中、嬉しい出来事が幾つかありました。

当院では夜尿症の患者さんが大勢いらっしゃいますが、今週は新たに2人のお子さんが無事に治療卒業を迎えました。

夜尿症の治療は内服薬が特殊で飲食を控えて内服したり、生活習慣を改善したり、記録をつけて頂いたりと、ご本人だけでなく支える親御さんも大変なのですが、そこを乗り越えて卒業までこぎつけた時には、医師としても本当に嬉しく感慨深いものがあります。

治療を始めた時不安そうにしていたお子さんが、笑顔で卒業していく姿は誇らしく、困難を克服できたことは今後様々な困難な出来事を自信を持って乗り越えていけそうな気がします。

またお子さんと親御さんの努力に敬意を表したいと思います。

またある日は可愛らしい女の子の患者さんが描いてくれた私の似顔絵を頂きました。申し訳ないくらい若くて可愛らしく描いてもらって恐縮でしたが、とても嬉しかったのでご紹介したいと思います。

いつもご家族みなさんで受診をしてくださるのですが、一時期体調がすぐれず、なかなか良くならないこともありましたが、私を信頼してくださって受診をしてくれました。最近は背も伸びて、すっかり素敵なお姉さんとなり、体力もついて丈夫になってきました。おばあちゃまも受診して下さるのですが、先日もお気遣い頂き、優しい言葉で励まして下さいました。かかりつけの患者さんの言葉には本当に元気付けられます。感謝の気持ちでいっぱいです。

もうひとつは悲しく残念な出来事ですが、お隣の市の医院の院長先生が急に亡くなられました。そちらのかかりつけの患者さんが数人受診されました。数あるクリニックの中から新しいかかりつけに当院を選んでくださったことに心より感謝申し上げると共に、大先輩の先生の患者様を引き継がせて頂く重責に身が引き締まる思いです。足元にも及ばない若輩者ですが、少しでもお役に立てたらと存じます。

コロナ流行が続く中で、医師として世のため人の為に何ができるのか、と考えた時に、自分にはひたすら診療を続けるしかないのだろうと思います。医師以外の事はできないですし、とにかく目の前の患者さんにできる限り対応していく事、オンラインツールを整備して対面での診療が叶わなくても患者さんが困らないように新しい診療スタイルも並行して取り入れていくなど、コロナに負けないようにこちらが進化していくしか道は無いと考えます。

しかし変わってはいけないのは、思いやりとか信頼関係、感謝の気持ちではないかと思います。コロナによって、人の心まで荒れてしまい、物的な距離だけでなく心の距離まで広がってしまわないように、思いは繋げていきたいと思います。

がんばれ!ママ

コロナの影響で世の中は激変し、それは医療の世界も例外なく、医療制度なども変わりました。それに追いついて行くのに必死で、最近は院長の私もスタッフもかなり疲労してきていました。院内感染を予防すべく、換気や清掃、消毒、診察室や待合室を分散したり、オンライン診療を導入したり、予約枠の変更や診療時間の変更など、やることは山ほどあり、今もそれは続いています。どこのクリニックや病院も、同じ状態でしたが、最近少し落ちついてきた様子で、提携している大きい病院さんからも、通常の診療に戻して行く連絡を頂いたりして、少し一息ほっとしているところです。

そんな折、あるママからお手紙を頂きました。いつもお子さんと一緒にママ自身も受診されている患者さんです。穏やかで優しい雰囲気の方で、私もスタッフもお会いするとゆったりした気持ちにさせて頂ける方です。

「ラブレターです」とおっしゃって下さったそのお手紙は、ご自身で描かれた可愛らしいイラストの封筒に入っていました。

内容は秘密ですが、あまりに感激してしまったので、お昼休みにスタッフ全員の前で読み上げました。全員で感動して、また明日から頑張ろう!これからも患者さん達の為にできることをしていこう!と決意を新たにしました。

そのお手紙を読んで、ふと思い出したことがありました。

私がお産で入院したのは当時勤務していた病院でした。産休ギリギリまで働いていたので、勤務の合間に受診ができるという消極的な理由で選んだ産婦人科でした。当時その病院が「赤ちゃんに優しい病院」という施設基準を取得するのにやっきになっており、大部屋なのに完全母子同室だったり、完全母乳育児の推進をして、しかもかなりスパルタでやっていました。

私はいずれのお産も難産で、産後に貧血になったりして体調も悪く、大部屋での母子同室は大変辛かったのです。夜中に自分の子泣くと、同室の他の方にご迷惑がかかるので気が気ではなく眠れず、仕方なく長い廊下を歩いて授乳室までいき、フラフラしながら授乳していました。貧血、寝不足、疲労が重なり母乳もなかなか出なくて、さらに子供は泣くという悪循環でした。しかし、先生や助産婦さんから温かい言葉はもらえなかったように思います。「ママになったんだから子供の為に一生懸命がんばるのが当たり前」という雰囲気があり、辛い気持ちも吐き出せないまま退院してきた感じでした。

末っ子の時には逆に一気に母乳の分泌が増えて乳腺炎を起こしてしまい、それも冬の時期だったので、高熱をインフルと疑われ、産後2日目で自宅へ帰る事を提案されたり、踏んだり蹴ったりでした。

産休が明けて勤務再開した後に、その病院が結局、「赤ちゃんに優しい病院」の認定を逃したことを知りました。その後医局にアンケートが配られ、「どうしたら認定されるか意見を書いて欲しい」といった内容が書かれていました。

私は「赤ちゃんに優しい病院にするためには、まずママに優しい病院にならなければダメだと思う。ママが幸せな気持ちでお産を迎えられ、産後の肥立ちも良く、幸せな気持ちで育児ができたら、自然に赤ちゃんも幸せになるはずだ」と記載しました。

その後どうしたかはっきりしませんが、確か産婦人科の先生に受診した際に、私の意見を批判されたような記憶があります。

赤ちゃんにとって医学的に正しい事を母親に指導して行くことが大切なのだと。

でも、赤ちゃん産んだらすぐにママになるわけじゃないですよね。

赤ちゃんを試行錯誤しながら育ていき、だんだんママになっていくんです。

安産で何事もなく順調にいくこともあれば、難産や母乳がでなかったり、赤ちゃんに病気があったり、事情があってミルクで育てなければならない場合もあります。

産婦人科のドクターは妊婦と赤ちゃんのことを考え、小児科のドクターは赤ちゃんや子供のことを考えます。内科はおとなのことを考える。

じゃあママのことは?

初めての赤ちゃんで、どうしたらいいか不安でわからなくて、うまくいかずに辛い気持ちになってるママ、乳腺炎で高熱が出てるけど産後1か月過ぎたら産婦人科ではみてもらえないママ、2回目以降のお産で上の子が大変、体調も悪いけど誰も助けてくれない、病気じゃないからと…

少しだけオープンにしてしまうとお手紙には、「総合診療をしてくれてよかった」という内容が書かれていました。

だんだん少子化がすすみ、子供の数が少なくなり、子供の居場所や子育てを相談できるところも少なくなりました。

保育園の方針もだんだん厳しくなり、今回のコロナの影響も大きく、少しでも体調不良や熱があると預かってくれないことも多々あるようです。

今のママ達は、私が子育てしていた時以上に大変だと思います。

しかもコロナという前代未聞の出来事に翻弄され、健診も中止になったり、過酷な状況で頑張ってるママが沢山います。

私のお産も子育ても全然順調ではなく、失敗だらけです。子育ては現在進行形ですが、もう大きいとはいえ、毎日が試行錯誤で迷いのある日々。相談相手は先輩ママや学校の先生達、昔通っていた保育園や小学校の先生とも未だに交流がありアドバイス頂いているくらいです。

それでもなんとか頑張ってここまで来ました。

今小さなお子さんを抱えて大変な思いをしてるママ達へ

何とかこらえて、今を乗り越えて行きましょう!

お子さんはママのこと大好き

母乳が出なくても、イライラして怒っても、忙しくてあんまり遊びに連れて行けなくても、うっかり怪我をさせちゃったり、うまく寝かしつけできなくても

それでもママのこと大好き、これは間違い無い

そんなに優秀なママじゃなくていいから、ぼちぼち行きましょう!

ママは失敗しても子は育つ

いつもクリニックに来て、ご自身が大変なのに、温かい励ましの言葉をかけてくれるママ達、本当にありがとうございます。折れそうになってる気持ちが、その言葉と笑顔で繋がっています。

前も言ったかもしれませんが、もう一度言わせてください

世界中のママが幸せになりますように❣️

感謝の気持ち

今日は患者さんからフェイスシールドの差し入れを頂きました。さらに「アベノマスクも必要なら持ってきます」と温かいお声かけを頂きました。ありがとうございます!

開院してしばらくはどちらかというとお子さんの患者さんが多かった当院ですが、最近は大人の患者さんが多くなり、すっかり落ち着いた雰囲気になっています。

同世代の女性の患者さんも多く、同じ子を持つ母として、悩みを共感したり、お互いに頑張りましょうと励ましあったり。

正直、コロナの流行が始まってから、不安なことだらけでした。でも、家庭では子供達を守らなければならないし、クリニックではスタッフを守らなければならないし、地域医療も支えていかなければと、ずっと気持ちを張り詰めていたように思います。

そんな中、支えてくれたのは、自分が守ろうと気負っていた、患者さんであり、スタッフであり、子供達でした。

いつも温かい声かけをして、励ましてくれる患者さん達、のんびりおっとりで、私の愚痴や小言をスルーして明るい雰囲気を保ってくれたスタッフ、ずっと学校に行けず不安でいたにも関わらず、前向きにとらえ、きょうだいで仲良く助け合い、夕飯も作って待っていてくれた子供達、結局支えられていたのは自分の方でした。

独立してクリニックを開いてから、なかなか自信が持てなくて迷いもあり、開業したことを少し後悔することもありましたが、コロナで大変な今の方が、頑張ってやっていこうという気持ちが強くなって、肝が座ってきました。

またまだ困難は続きますが、でも独りじゃないと今は思えるのです。自分を支えてくれる大勢の人に感謝して、今自分の持っている力で微力ながらも社会に貢献したいと思っています。

コロナの影響で殺伐とした出来事も耳にしますが、困難な今だからこそ、思いやりや感謝の気持ちを持って過ごしていけたらと思います。

皆様いつもいつも、ありがとうございます!私も頑張ります!

Page Top